宮崎チームチャレンジサーフィンゲームス2009

開催挨拶

私たち宮崎県サーフィン連盟は、スポーツマンシップ及び連盟規則に則り、宮崎のすべてのサーフィンが「仲良く、楽しく」できるよう、全国でもまれに見るチームチャレンジ形式の大会を企画いたしました。

これまで、サーフィンは、個人技のみを競うスポーツとされ続けてきましたが、最近のWQS大会や昨年のアジアオリンピック評議会主催大会でも記憶に新しいチーム戦を、新たに同連盟競技規則としてアレンジし、今回宮崎から全国へ向け、発信するものです。

また、貴重な地域資源を活用した新たな取り組みとして、選手、スタッフ共に充実感と達成感に満ちた、宮崎オリジナルの大会を創ることを大きな目標としており、行政にも積極的な支援をお願いしているところであります。

行政と県連、そして何よりサーフィンを愛するみなさんが、共に手を取り合って、次年度以降さらに発展させるべく第一歩を踏み出すため、是非、奮ってご参加ください!

さらに、一連の大麻事件による、サーフィンに対するイメージダウン回復のため、自ら「NO DRUG」宣言を行うと共に、宮崎県警への全面協力を施すこととしておりますので、このことについても選手、スタッフ一丸となって協力をお願いいたします。

大会要綱

日時:平成21年8月8日(土)~9日(日) 6:30~開会式  7:00~スタート
場所:宮崎市 木崎浜ビーチ(クローズ時  青島周辺ビーチ)
カテゴリー:1チーム4名チーム戦
①ショートボード(男女問わず) 16チーム
②ミックス(ショートボード3名、BB1名且つ、女性1名以上を含む)32チーム
③ロングボード(男女問わず) 8チーム
エントリーフィー:1チーム 12000円(1名3,000円)

申し込み方法
① エントリー用紙に4名の情報をもれなく記入

(エントリー用紙はこちらからダウンロードして下さい。)
② FAX 0985-53-2989 に送信
③ 銀行にエントリーフィーを振り込む(エントリー完了!)
※注意 FAXのみではエントリーされません!

高鍋信用金庫宮崎南支店 普通 0195403  宮崎県サーフィン連盟 理事長 中村義浩
【締め切り】  平成21年7月24日(金)

※代表者名で必ず振り込むこと。振り込み手数料は必ず負担してください。
※先着順(振込順)で受け付けます。定員に達し次第締め切ります。尚、応募状況は県連のホームページで確認してください。
※メンバー変更は、当日のエントリーチェックまでとします。
※問い合わせは、本HPからお願いします。例:BBまたは女性が不足、メンバー1人不足 etc..
※宮崎市内にご宿泊される方はこちらから宿泊先をご覧下さい。

宮崎県サーフィン連盟チーム戦競技規則

1. 4名を1チームとし、1名をパワーサーファー(以下PSとする。)、それ以外をノーマルサーファー(以下NS)とする。なお、カテゴリは、別に定めるものとする。
2. 試合時間は、1ヒート40分で2~4チームで技を競うものとし、各チーム1名づつリレー方式で競技をするが、各自に時間制限は設けないものとする。なお、このリレー方式については、あらかじめ設けてあるリレーポイントにおいて、ハンドツーハンドによるタッチ形式により行うものとする。
3. NSは、マキシム3ウェーブで、2ウェーブを、PSは、マキシム3ウェーブで、3ウェーブをNSAの採点基準により採点し、合計点がチーム得点となる。
なお、必ず全員2本以上ライディングしなければならず、本数が足りない場合、または、マキシマムを超えた場合は、その都度チーム得点よりマイナス5点が科せられるものとする。
4. 妨害については、NSAルールに準じるものとし、妨害をしたチームのベスト9ウェーブのうち、各選手の2番目に高い点数の1/2をカットし、妨害を受けたチームには、エクストラウェーブを1本追加すると共に得点順位10番目の波を加点することができる。

<特別ルール> 2日目のセミファイナル以降のヒートについては、あらかじめ設置される沖のブイをPSが周回したときは、1度に限り、その直後のライディング得点を1.5倍してチームに加点するものとする。

※本大会に関するお知らせやお問い合わせはこちらからご覧頂けます。 what’s my ip


SPONSOR