宮崎県サーフィン連盟規約

(名 称)

第1条 本連盟は宮崎県サーフィン連盟とする。

(事務局)

第2条 本連盟の事務局は、理事会の指定するところにおく。

(目 的)

第3条  本連盟は、サーフィン競技の健全な育成と発展を図り、宮崎県を代表する機関として、関連団体のコミュニティ発展と親睦を図ることを目的とする。

(事 業)

第4条 本連盟は前条の目的を果たすため、次の事業を行う。

  1. (財)宮崎県体育協会への加入
  2. 各種競技会の開催
  3. 各種講習会、研究会の開催
  4. 各種大会行事に関する伝達、調停
  5. その他必要な事項

(組 織)

第5条 本連盟の組織は次の事項に該当するもので構成する。

  1. 本連盟に登録したもの。
  2. 本連盟の趣旨に賛同し、理事会が適当と認めたもの。
  3. 各市郡単位に支部を置くことができる。
  4. 県内各団体より選出された者を理事とし、理事によって全ての事業が決議施行される。

(役 員)

第6条 本連盟には次の役員を置く。

(1)理事長 1名、副理事長 若干、顧問・参与 若干名、監事 1名

(2)理 事

  1. 理事は各地区及び部門別の加盟チームの責任者並びにサーフィン関係者より選出する。
  2. 理事会は理事が招集し、年1回以上これを行う。
  3. 理事会は本連盟の最高議決機関とする。
  4. 本連盟の予算・決算・事業計画等を審議・決定するものとする

(3)常任理事会

  1. 常任理事及び監事は理事会が推薦する。
  2. 常任理事会は理事長が招集し、これを行う。

(4)理事長

  1. 理事長は理事の互選によって決める。
  2. 理事長は本連盟の一般業務を行う。
  3. 本連盟の主催する会議の議長を行う。

(5)副理事長

  1. 副理事長は理事の互選によって決める。
  2. 理事長を補佐し、理事長不在の際は代理を務める。

(6)会計

  1. 会計1名は常任理事会の推薦により理事会が承認する。なお、活動資金ができる当面の間、事務局と書記を兼任とする。

(7)監事

  1. 監事は連盟の監査を行う。
  2. 本連盟の趣旨に基づかない案件は、これを追求し、是正を行う。

(会 議)

第7条 理事会及び常任理事会は構成員による3分の1以上の要求があれば、これを開催できる。
第8条 各種会議の議決は、出席者の過半数による者とする。

(委員会)

第9条 本連盟は必要に応じて、下記の委員会を置くことができる。

  1. 総務委員会
  2. 広報委員会
  3. 事業委員会
  4. 地域活動委員会
  5. ジャッジ委員会

(任 期)

第10条 本連盟の役員の任期は2年とし、再任を妨げない。

第11条 本連盟の会計は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

SPONSOR